名画や歴史的芸術作品は時代とともに生まれ変わる

名画や歴史的芸術作品は時代とともに生まれ変わる

皆さんが日常的に楽しまれている週刊誌などに掲載されている「漫画」は、時に映画やテレビなどでアニメ化され、さらなる魅力的な作品として、多くの人々を楽しまれることも多いのではないでしょうか。また漫画作品が小説化されたり、小説作品が漫画化、アニメ化、ドラマ化、映画化されると言ったことも、最近では珍しいことではなくなってきました。このような原作となる作品を多少味付けするようにアレンジして、他の媒体でも楽しめる作品にする行動は、現代だけではなく今から1000年以上も前の平安時代でも行われていたことのようです。皆さんもご存知の「源氏物語」は11世紀の初め頃に書かれたのではないかと言われているようです。当時、人々の間で使われ始めた「ひらがな」や「カタカナ」などが作品に使われしておりましたが、その後12世紀に入ると、「ひらがな」や「カタカナ」などの文字で描かれた源氏物語が、視覚化され「源氏物語絵巻」などとして新たなる作品を生み出されたようです。このように芸術作品や文芸作品などが、新たになる媒体を通じて生まれ変わることを、オマージュもしくは、マリアージュ、パロディなどとして呼ばれ、移り変わりゆく時代の波を超えて、長年、様々な形態に生まれ変わりながら多くの人々に楽しまれてきました。美術館で荘厳な額縁に入れられて壁に飾られているような、世界的な名画なども、オマージュ作品として古典作品を現代的なイラストやタッチで生まれ変わらせる面白味のある作品が数多く登場しています。レオナルドダヴィンチの「モナ・リザ」や「最後の晩餐」などの世界的な作品も数多くのオマージュ作品が作られ、多くのファンがその作風を楽しんでいるようです。